« どんな結末が来ようとも。 | トップページ | 韓国行きたかったなあ。 »

日の丸飛行隊とリンちゃん。

この間、子どもの頃通ったスケートリンクのことを思い出したら、オリンピックの記憶も蘇ってきた。歳がばれるけど気にしなーい。実家に帰ればたぶん、冬休み明けに学校に提出した、自作のスクラップブックが出てくると思う。日の丸飛行隊の表彰台の写真と、見出しの活字はとにかくでっかくて、そのキリヌキだけは四つ折りにしなくちゃ大学ノートに収まらなかった。もちろん、「虹と雪のバラード」も全部歌えるぞ。「動物のお医者さん」の菱沼さんじゃないけど。

それにしても今は、こんなのも観られる時代になったんだ。凄いな。

1972 Winter Olympics Janet Lynn

残念ながら生観戦はできなかったけど(かろうじて行けたのはアイスホッケーだけだった)、TVで観て、子供心にすごく綺麗だと思った。今観ても、スケーティングが滑らかで、流れがあって美しい。 思っていた以上にスピードもあるけど、フライングシットスピンでぺたんと尻餅をつくところだけ、急にトロくなるのがいい! 本当にリンちゃん、キュートだったなあ。

平和の祭典って言っても実は名ばかりで、常に巨大な利権とか、国同士の政治的な思惑が絡んでいるのを知るのは、もっとずっと大きくなってからのことだ。でも、育った街にオリンピックが来たという驚きだらけの体験は、私の中にずっと特別なものとして生き続けてる。

 

« どんな結末が来ようとも。 | トップページ | 韓国行きたかったなあ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/45743636

この記事へのトラックバック一覧です: 日の丸飛行隊とリンちゃん。:

« どんな結末が来ようとも。 | トップページ | 韓国行きたかったなあ。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31