« 史上最強のシェエラザード。 | トップページ | 土曜日はテケーシ。 »

ガッツポーズ、出たよ。

調子に乗ってもうひとつみどり。

【字幕つき】 伊藤みどり アメリカ版 88五輪 Midori Ito

これは本当に凄いよ、カルガリー。この時は、代名詞と言われるトリプルアクセルはまだ封印されていたんだけど、3Aなんかなくたって凄いモノは凄い。
後半3分過ぎてから、もう一度3Aに挑んで成功したアルベールビルも感動的だったけど、みどりさんのオリンピックでの白眉は、やっぱりこの演技だ。
疲れて営業停止してる頭にガツンと来た、ああスッキリ。

« 史上最強のシェエラザード。 | トップページ | 土曜日はテケーシ。 »

伊藤みどり」カテゴリの記事

コメント

Emizhenyaさんと同じく、時間がないのに何コメント書いてるんだ、の私ですが(笑)、この演技もすごいですよね! 見てる方が元気になります。前のエントリーでEmizhenyaさんが触れていたように、ベクトル(或いは個性?)は違っても、人間の限界を超えた美しさ・強さを極めているという点で、みどりさんもプルさんも同じだと私も思います。
前の動画もそうでしたが、欧米の人の熱狂ぶりがすごくて嬉しくなります。やはり歴史が長いので、素晴らしいものは素晴らしいと認めるられるだけの目があるんでしょうか?
※この動画、ちゃんと日本語の字幕がついているんですね! 偉い!(笑い声もちゃんと字幕になっていて、面白かったです(笑))

この、デック.バトンさんという解説の方(通称ディック爺)。
普段は、とても辛口の解説をすることで有名らしく、
プルのスピンを辛口批評した事もありました。(プルは、それを素直に聞いて改善に努めたという後日談です)
その爺が手放しで褒めちぎっていますね。
もっと、アジアの小娘のような扱いかと思っていました。本当にみどりさんの演技は、センセーショナルでその後のスケートが技術、特にジャンプが主体となるきっかけとなりました。
字幕つきの動画でみどりさんの演技を堪能できました。
ありがとうございます。good

あぁ、ほんの少し早過ぎたのかも
「可愛い跳ねるウサギちゃん」の登場は。
”技術的には難しいことしてませんけどね”と
彼女だから
(キャンデロロのこと)言えちゃうんですね、きっと。
noteMy Waynoteで親父泣き
みどりさんで親父泣き
スケートって、スケートって・・・なんだーっ!?

ご来店&コメントありがとうございます!

>ぐりしぇんこ様
本当にこれは元気がもらえます。20年前の粗々な画像、しかもPCのこんなにちっさな画面からでさえも。凄いです。といいつつ、一生懸命目の前で観てる像を想像しようとして、めちゃめちゃ妄想を膨らましてるんですが(笑)。この年の、違う試合のも観てみたんですが、オリンピックが一番よかった。いかに神懸かりだったかが分かりました。
カナダの人は本当に、ウィンタースポーツを愛してますね。伝統の重みがあるんだろうなあ。バンクーバーでも、きっと盛り上がるんだろうなあ。ジェーニャがそこで滑っているところを観たいですね。
フィニッシュの実況席の爆笑は面白いですよね。でも、当時日本では、あのガッツポーズを批判する人もいた記憶が…あー、何だかなあって感じでした。

夕べ眠くて撃沈してしまった~。すみません。

>ぷる子様
ああそうだ~確かにディック爺だ。そのエピソードを聞くにつけ、ジェーニャって本当に真摯な人なんだなあと思っちゃいます。
この字幕を見る限りは、爺のネガティブな発言はひとつもない。それどころか、みどりの可能性を、熱く語っていますね。しかし、最終グループじゃないのにあの点って…もうこれから出てくる人は、テクニカルメリットではみどりにかなわないよ、って。やっぱり、彼女の存在はかなり特異だったんだろうか(笑)
みどりって、フィギュアというスポーツで、人はここまで挑めるんだっていう指標を示したんですよね。一人の天才の存在って、大きなもの動かす力があるんですよね…

>ぷるぷる様
「可愛い跳ねるウサギちゃん」(笑)
この実況席は、みどりを観て本当に楽しんでる感じですね。映像の中でサイズに触れていますが、実際の身長は150㎝もないはず。めちゃめちゃ小さくて、かわいらしく見えたんでしょう。私もかわいいと思いますけど。あんなにスケートを滑る喜びをまっすぐに表現されると、観ている方もどんどんうれしくなってきてしまいます。
えーと、たぶんロロ発言なんかも、思ったままをストレートに言っちゃったって感じで。取り繕ったりできない、素直すぎる人なんですね。
あっちでもこっちでも親父泣き…(笑)うん、分かります分かります。
スケートって何だ~!でも面白いですよね~


伊藤みどりさんのジャンプを見る度に、「人間というのはすごい!」といつも思っていました。「もっと、もっと、もっと!!」というみどりさんの心の声が聞こえるようで、出来ない言い訳をしてはグジグジと生きていた自分を励ましてくれたことを思い出します。
今のフィギュアはとっても綺麗だし、技術も高いのですけど、個人的には伊藤みどりさんを越える演技をまだ見ていないという感想を持っています。

>ぶぎょう様
さっそくご来店&コメントありがとうございます!嬉しいな!
みどりちゃん、私たちより少し下の世代ですけど。心から尊敬するスポーツマンの一人です。誰にでも分かりやすい凄みというか。技術的なことなんか少しも知らなくても、心の底から感動がわき上がってくる演技って、そうそうないですよね。
技術もルールも採点法も違う、当時と今とを単純に比べることはできないと思うんですが…今の選手はいろいろなものに縛られて、ちょっぴり気の毒になることもありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/46355942

この記事へのトラックバック一覧です: ガッツポーズ、出たよ。:

« 史上最強のシェエラザード。 | トップページ | 土曜日はテケーシ。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31