« 買うよ、買うったら。 | トップページ | モスクワ・ヘタレ紀行その8。 »

モスクワ・ヘタレ紀行その7。

何てこった、何てこった。もうスケカナ終わった、GPS終わったなあ、時の経つのは速いなあ。わーい…(泣)こんなに時間がかかるつもりじゃなかったのに、変だなあ。でもやっとここまで来たよ。記憶が遠くなっていくのが淋しいけれども。
**************************************
●4日目(10月25日)
前日飲み過たわけではないんだけど、目覚めると、数日前からの生理痛が突然重い。緊張が緩んだのかなあ。この日もお昼までAさん、九夜さんと一緒に街へ出かけようと約束していたのだが、これでは迷惑をかけそうなので遠慮することに。うう~残念。グム百貨店にも行ってみたかったんだけど。
というわけで、集合時間まで自室で二度寝したり、メールをまとめて読んで過ごす。薬が効いて元気が出たので、お昼と夜の買い出しをしようと(もう一人でレストランに行く気ゼロ…笑)最初の晩に行ったスーパーにもう一度行ってみることに。
ホテルの敷地を出たら、向こうから歩いてきたおじさんが、いきなり早口のロシア語で話しかけてきた。道を聞いているらしいので、思わず日本語で「ごめんなさい!」と手を合わせたら、ああ失敬、という感じで手を振って行ってしまった。おじさん、何でホテルから出てきた人間に道を聞くよ。しかもこっちはどう見ても、へなちょこツーリストだと思うんだけど…。

午後3時、エキシビションが開催されるリンクへテクテクも3回目。もう慣れたもん、自分んちみたいなもん!でも、今日で最後なんだ…たった3日間なのに何だか淋しい気持ちだ。まずは表彰式。それにしても、ジェーニャのこんなに見事な勝利が観られるなんて、正直全然予想していなかった、ごめんよ。本当にモスクワまで来た甲斐があったな…と、彼の「ナマ」仁王立ちと、ほっとしたような満足なような、横顔を見つめていた。それにしても、いちばん高い所で、落ち着き払いすぎだよ、あなたは。本当にずっとずっと何年も、そこが定位置だったんだなあ。私のような凡人には想像もできない世界だ。ジェーニャおめでとう。そして美姫ちゃんもおめでとう! 

・エキシのオープニングが開会式と全く一緒だったのが、いかにもロシアンクオリティ(?) 私としては、Sex Bombの少年の腰振りがもう一度観られて、大いに喜んだのですが。

・真央ちゃん、遠目では少し元気を取り戻したよう。カプリースは2回目だけど、やっぱり美しい、素敵。試合でもあんなふうに情熱的に滑ることができるといいな。彼女はもう一回、全日本で観ることができそうだけど、何とか立て直して欲しい。きっと大丈夫と、根拠もなく思ってるけども。

・小塚君、かっこよく踊れるようになったよなあ~ジャケットの脱ぎ着も上達したよなあ。でも、どうしてもどうしても、本人の気恥ずかしさが伝わってくるのはいかんともしがたい…まだ「ラストダンス~」の方が安心して観てられたような。神様、彼がブレイクスルーするためにはどうしたらいいのでしょう。いきなりジェーニャみたいに腰を振りだしても嫌だが(笑)。

・川口&スミルノフペアの美しく青きドナウ、今年の世界選手権で大好きになったプログラム。生で観られて、本当に嬉しかった! ジェーニャの演技の次に感激。次々と繰り出されるアクロバチックな技も凄いけど、何より、これを舞う時のふたりの表情が可愛すぎる。

・レオノアちゃん、小道具を使ったお芝居も弾けるようで、自分自身が楽しくて仕方ないのが伝わってくる。これからが本当に楽しみ。でもなぜあのエンディング転ける? 転けてから遠目にもショボーンとしているように見えたのが笑えた。

そしてジェーニャ。前夜から九夜さんと「何を滑るのか楽しみだね~」と言い合っていたが、「存在しない街」のイントロが始まって、ロシアの観客がいち早く反応したような気がした。春先のショーでも、サンクトの曲を流しながらジャンプを跳んでいる動画がYou Tubeに上がっていたっけ。思い入れがあるんだなあ。とりあえず、「ハラキリ」の振りがナマで観られて感激(笑)。しかし、スローテンポで情感たっぷりに、客席に愛を振りまきつつ4T、3A、3A、3Aって…。ジャンプの内容があまりに凄まじくてぶっ飛ぶ。やっぱり、ジェーニャにとってはEXが本番だってのは、伝説じゃないんだ、本当だったのね!(笑) 

エンディングでもひとり4Tを跳ぶに至っては、周囲のツアーメンバーも、半ばあきれ顔。私も幸せを通り越して、膝が大丈夫なのか不安な気持ちに苛まれたぐらいだ。ただしその不安も、九夜さんの「跳べるとなれば当然プルは跳ぶよ」という言葉が一蹴してくれたけど。そう、当の本人じゃなく、観ている方が恐れていても仕方ないよな。…とにかく最後の最後まで、ジェーニャは派手にブチ上げてくれたのだった。フィナーレの挨拶で、真央ちゃんと手を繋いでいたのを観て、何となく嬉しかった私は日本人。「ロシア杯はまさに、プルシェンコに始まり、プルシェンコに終わったねえ…」という、ツアー唯一の男性の言葉が、心に残った夜だった。

Cimg0322

Cimg0337 Cimg0350 Cimg0388 Cimg0508 Cimg0577 Cimg0592

« 買うよ、買うったら。 | トップページ | モスクワ・ヘタレ紀行その8。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

emizhenya様こんばんわ。

EXが本番ってさすがジェーニャ!
4tがクリーンだったら-3t-2loだったんでしょうか
想定外なことが想定内なジェーニャにますます惚れました。

ああそれにしても、ジェーニャに始まり、ジェーニャに終わったと、まさにそれに尽きるようなロステレコム杯を生で観戦されたemizhenya様がうらやましくてたまらなくなりました!

次こそいよいよジェーニャからサインをゲット編ですか?楽しみですw

ご来店&コメントありがとうございます!
>うさうさ様
お返事がすっかり遅くなってしまいました。Kinokoさんブログに「ユーロはダメそう」なんていう書き込みもあったので、最終的にどうなったかなあ…なんて思っていました。

そうですね! サンクト300ばりの、4-3-2観てみたかったです。仰るとおり、全てが「想定外」なジェーニャのこと。もしかしたら今シーズン中にトライするかも…なんて夢想したりして。そんなことが起きたら、それを観られるラッキーな人は、うさうささんかもしれませんよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/46809617

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワ・ヘタレ紀行その7。:

« 買うよ、買うったら。 | トップページ | モスクワ・ヘタレ紀行その8。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31