« モスクワ・ヘタレ紀行その3。 | トップページ | モスクワ・ヘタレ紀行その5。 »

モスクワ・ヘタレ紀行その4。

添乗員のSさんによると、会場はペットボトル持ち込み禁止。まあ、それはサッカーでも一緒だから驚かないけど、さらに食事も持ち込み禁止。じゃあ何か売っているかと思えば、恐ろしくしょぼいスナック(冷たい菓子パンと飲み物しかなかった!)か、高い本格レストランのみという。うへ。再入場できるかは、そのイベントの運営次第なので、行ってみなければ分からない。しかし行ってすぐに、一旦外に出られたとしても意味がないことが分かった。だって周辺はなーんにもなかったから! この状況で、アイスダンスのコンパルソリーから、男女&ペアSP、オリジナルダンスまで。午後1時30分~10時の長丁場。うーん、こんなものか。もう「フィギュアを観に来たんだから贅沢言わない」と、覚悟を決めるしかない。

ゲートは警官が大勢いて物々しく、手荷物のX線検査まである。「建前上」カメラの持ち込み禁止と聞かされていなかったために、メンバーの一人が運悪くひっかかり、何と私を含めた前後の数人がカメラをクロークに預けねばならない状況に(涙)。でも一旦中に入れば、フラッシュ自粛は放送されていたらしいものの、観客は写真撮り放題。つまり運次第なのね~いいかげんな!というわけで初日の写真は、携帯で撮った2カットだけ。

Photo

Photo_2

  コンパルソリーダンスの後はオープニングセレモニー。ロシアの名スケーターのプログラムの抜粋を、子ども達が順々に披露していくんだけど、ジェーニャの時だけExナンバーで、しかもSex Bomb(爆笑)。ノービスみたいな小さな男の子が、ねっとり腰振りするのに大笑いしてしまう。その後、王朝時代の扮装をした女性達と、民族衣装の子ども達がが登場して(上の写真)華やかな雰囲気。

…そして唐突に本番がやってくる。男子SP第一グループの一番滑走。胸が痛くなるほど張りつめた表情で、通路を何度も往復し続けるジェーニャの姿が見えた。3列目の席で間近に見ていた九夜さんも、後から「プルさん、ものすごく険しい顔で集中を高めていた、あれが見られて良かった~」と、感銘を受けていた。ところで6分間練習の間もドキドキが止まらない。最初は氷の感触を確かめるように滑り出したけど、すぐにスピードを上げて、クワドも3Aも、まるでついでみたいに跳んでしまった。初めて生で観たジェーニャのジャンプ、その速さと美しさに圧倒される。すごいよ!観客席から拍手が起きる。ああ、ここには彼を待ちわびていた人がたくさん来ているんだ。

本番。静止までずいぶん時間をかける。4-3も、3Aも練習通り。サンクトの動画そっくりだ、すごすぎる! そしてルッツ…あれ。ダブるの見たことあったっけ?客席が少しざわり。そしてステップ。キレはないけど…スピードよりも要素をこなすことだけを考えて、慎重に慎重に刻んでいるようだ。そしてスピン、あああ止まりそうだガンバレ~。でも、会場の盛り上がりの中でフィニッシュ! ちょっと控えめに、でも満足気に喜ぶ姿に、「すごいよすごいよ…よくやったよ…」と茫然とつぶやく自分。

日本人選手を応援する、同じツアーのUさんはお隣で「点、出過ぎじゃない?」「滑りはPチャンの方が…」となかなか辛口(笑)。でもいいんだ! まだシーズンは始まったばかりだよ。3年ぶりの国際試合で、堂々たる滑りをしてくれて、それをこの目で観られた。まさに王者の帰還。…翌日はもっと凄いものを目撃することになるんだが。

スケジュールの最初に本番が来てしまい、エネルギーを使いすぎて茫然自失。今日の競技はまだまだ始まったばかりだっていうのに。スケーターのみなさん、ごめんなさい!

男子SP

ボロドゥリンのカリンカは愛らしくて大好きに。ご当地だから、すごく盛り上がった。 ジョニー・ウェアーには、ロシアンギャルの親衛隊が登場。目の前の席で、J・O・N・N・Yのモール付きのプラカードをかざして、まるでジャニーズだ。あなた達のためにジョニーが見えなくてよ!演技内容は今ひとつ。 小塚君、美しい演技だったのに、あんなにPCSが伸びないのはなぜ?正直、ジェーニャより上かと思った。

ペアSP

パン&トンは今回、頭一つ抜けている気がした。あのツイストの高さってありなのかしらん。川口&スミルノフの白鳥はエレガントで大好き。コンビネーションスピンのシンクロで、会場から拍手。私も大拍手。

女子SP

ミキちゃん、コンボを失敗してイマイチらしくない出来だったけど、一位のセベスティンとの差があまりないので心配しなかった。問題は真央ちゃん…どうした?3Aが全然自信を持って跳べていない感じ。キスクラでは今にも泣きそうで、こちらも辛くなる。PCSは出たけど…大ファンのUさん、えらく動揺。「今までこんな浅田真央を観たことがない」とまで言う。

アイスダンスOD

正直、全然観ていなかったんですが…すごく久し振りにじっくり観てみて、新ルールになって、ずいぶん以前のアイスダンスとはイメージが違うと思った。やたらとアクロバチックなリフトが入る。力業に高得点がつくゆえに、渋いベテラン選手が競技会の上位に行くことが難しくなった、とお隣のUさん。「今のアイスダンスは美しくないよ~」と嘆く。うーん。そういう一面もあるかなあ。

アイスダンスも終わると余裕で時計は午後10時。すっかり夜も更けた道を、またテクテクとホテルまで徒歩で戻る。ジェーニャの滑りの余韻から、頭はボーッとしたままだ。

« モスクワ・ヘタレ紀行その3。 | トップページ | モスクワ・ヘタレ紀行その5。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

読んでいて、どきどきしちゃいましたよ! 「胸が痛くなるほど張りつめた表情」かー。そして、あの演技ですもんね。いいなあ。生で観てみたいなあ。
emizhenyaさん、やはりすごい文章力です。がつんと伝わります。迫力あります。

ひゃー、張り詰めたレポだぁ。
emiちゃんのドキドキが聞こえてきそう。
ボーッとホテルに帰るemiちゃんの様子を想像したら
ちょっと笑っちゃった。おつかれさま。

emizhenyaさんの紀行を読んで生プルちゃん見たくなりました!
習い事の友達が高橋大輔のファンで観戦した事があり、トップ6になるといきなり空気が変わると言っていました。
やはり観戦でしか味わえないものがあるんでしょうね~

会場の「雰囲気の缶詰」を
空けちゃったようにイメージが伝わりました~
あ~息苦しいかも~
生プルの発するオーラをお腹一杯吸い込んでみたいものです、
ゾンビかバタリアンのように・・・

連続書き込みごめんなさいです。
プルさんのビミョー&ゼツミョー写真、
リンクが判ったので貼ります、貼らせて下さいhappy02
http://s40.radikal.ru/i090/0810/d6/f631153ee3a4.jpg
壁紙に使いたいような使えないような・・・
でも、なんとなく好きな1枚heart04

ご来店&コメントありがとうございます!
モスクワ話こんなにチンタラな更新で、一体いつ書き終わるのか…本当に申し訳ありましぇん。

>母ぴさん
私は前から9列目だから少し遠目だったんですけど、通路を何度も行ったり来たりするジェーニャの緊張感と気迫は、そこまでビンビンに伝わってくる感じでした。もう~九夜さんの席がうらやましかった!たぶんああいう時って極限まで追いつめられているんでしょうけど、その「恐れ」をあそこまでの力に変えられるジェーニャは、やっぱり尋常じゃない人だ(笑)

>liangちゃん
本当に緊張したよおおお~。真っ青な顔をして、一番緊張していたのは本人だろうけど(笑)演技を楽しむ余裕とか全然持てないけど、やっぱり観ていて一番面白いのは、花試合やショーよりも、ガチ試合だと思ったよ。ジェーニャの場合はもう残り少ない現役生活なので、一試合一試合集中して応援したいです。

>amippi様
私も生まれて初めての国際試合観戦だったんですが、やっぱり「花道に登場~ウオームアップ~6分練習」にかけての張り詰めた空気って、凄いものがありますね。GPSでこうなのだから、ユーロとかワールドとか、オリンピックは本当に、なかなかできない体験だろうなあ、と思うわけです。生ジェーニャ、観に行きませんか! 私がもう一度挑戦するとしたら、あとはオリンピックしかないわけですけど。それもツアーが取れるかどうか分かりませんが…。手は尽くしてみようと思っています。

>ぷるぷる様
私、生プルの発するオーラを思う存分吸い込めなかった……ような気がします。失敗した。息を詰めすぎて、気付いたら無呼吸だったりしてたから(笑)。でも、一旦スケート靴を履いたら、マジで皇帝オーラ出しまくる人でしたわ。スゴイです。
おおお、この画像って某2ちゃんで見たような…。このエロさ、この美しさ、この陶酔!!つくづく天才だと思います。しかしテントが気になるよおお~。生地が薄いからいつもこんな感じなのか、それとも股間も陶酔しているのでございましょうか(笑)

こっちにもこんばんは。
知らない間にずいぶん冒険してたのね(笑)
地球の歩き方読むと、モスクワは悪徳警官いるっていうし治安とかどうなんだろ?って心配でしたが、駅裏や地下道でも特に不安は感じませんでしたね。慣れてくるとボロくんやらルタイ君似の若いにいちゃん見つかるし、ロシアいいとこだったよ(笑)

>九夜様
こんばんは!遅ればせながら、モスクワでは本当にお世話になりました、ありがとうございました!あれからずいぶんお忙しかったようですね。私もモスクワ呆けがなかなか抜けず、帰国後しばらくフワフワしてました(笑)。
そうそう!ガイドブックで散々脅されたので、一体どんなところか~と思っていましたけど、私ごときほんの数時間の冒険ではトラブルに合う機会もなく。日本人が慣れきっているアメニティは望むべくもない感じでしたが、じんわりと面白い国でした!ロシア。また行きたいです。ところで、あの夜に会った茸さんと、yoshimatsuさんは、ロシア国内選手権行くらしいですね。サンクトで、しかも会場がユビレイニーだとか~うらやましい!! 前のエントリーで書き込みがありましたが、ココに遊びに来てくださっている、うさうささんが、ヨーロッパ選手権に参戦されるとのこと。九夜さんは最終的に、どうすることにしましたか?

こんばんわ

欧州戦のチケットは……
おっしゃる通りメンズとガラは売り切れなんです~~~!!

どうしようどうしよう
現地に突撃してダフ屋って怖すぎる気もするしで
オークションみたいなところうろうろしたり。
(ぼられても最悪買えさえすればいいんですが)

行ってしまえばどうにかなるものなのかどうか
これだから情報難民、語学難民の初心者はだめですね

どなたか、タリンへいらっしゃる方いませんか~

Emi様こんばんは。

ユーロはやっぱり行くことにしました。
しかし以前話した諸事情により、まだ家族&会社には話しておりません。また言い訳を考えねば(笑
茸さん、yoshimatuさんナショナル行くなんて、うらやましいですね。ユビレイニーか。いいなあ。

うさうさ様
こんばんは。男子女子共フリーは早くから売り切れてたようです。ダフ屋が買い占めたのかも?と考えれば、当日現地で買えるんじゃね。と甘い考えの私です。

九夜様
こんばんわ、ごあいさつさせていただくの初めてですね!!
emizhenya様のご厚意に甘えて
ちゃっかり場所をお借りしちゃいますが、
九夜様もタリンにいらっしゃるんですか?
ぜひぜひいろいろお教えいただきたいなw

ヨーロッパのフィギュア人気低下とか聞いてると
たぶんダフ屋から買えるんじゃないかなと、
私もか~なり甘く考えてます。
だからエストニア行っちゃえ~と。

ガラはもしかしたら難しいかもしれませんけどね、
競技のジェーニャが見たいんです。

>九夜様
うわー行かれることにしたんですね!すごい!ご家族のことは、たぶん大丈夫ですよ(根拠ないですけど…すみません)。みんなしっかりしていらっしゃるし!

>うさうさ様
そうですか~やっぱりチケットないんですね、表面上は。でも行かれるんですね!凄いなあ。


私も、ジェーニャの国際試合が観たいのと、エストニアという国にとっても興味があって、行きたい気持ちが強いんですけど…1月のスケジュールを見て諦めました。
テレビで見る限り、日本に比べるとどこの国も一様に会場が緩いので(GPSとヨロ戦じゃ違うのかもしれませんが)何とかなるかもしれませんね! 経験豊富な方、たぶんどこかにいらっしゃると想うんですが。私自身は、がんばってください~としか言えないのが歯がゆいです…ここを情報交換に使っていただく分には全然OKですのでどうぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/46702015

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワ・ヘタレ紀行その4。:

« モスクワ・ヘタレ紀行その3。 | トップページ | モスクワ・ヘタレ紀行その5。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31