« モスクワ・ヘタレ紀行その7。 | トップページ | ヘタレ紀行・番外編。 »

モスクワ・ヘタレ紀行その8。

やっと完結。本当にすんません…ジェーニャの次の試合が来る前に、終わって良かった(ホッ)。 ************************************

つづき

EXが終わって、幸せな気分でホテルに帰るも、ただポーッと余韻に浸っている暇はない。 

先輩諸氏によると、ファンはみんな、8時からのクロージングバンケの前にロビーに現れる選手をつかまえるべく、出待ちをするのだ。もし、このツアーで終始単独行動をしていたら、「とろい」に超が付く私のことだから、全てに乗り遅れていたに違いない。みなさま、本当にありがとーございます! 人生ウン十年、有名人の出待ちやサインなんてものに一切興味がなかった私。でも、こうなったら欲が出てくるものよ!とばかりに大急ぎで部屋に戻り、ペンとプログラム、バナーを持って、ロビーへとって返す。しかし、すでにジェーニャさんのファンサが始まっているのを見ると、さっきの勢いはどこへやら、すっかり怖じ気づき右往左往する私。情けない…
ヤナと、でっかいボディガードのお兄さんを伴った彼の周りは、たくさんのファンや顔見知りのジャーナリストで常に人だかりができている。何とか取り付くも、緊張のあまりまともに撮れた写真が全然なくて、ピンぼけ&手ぶれのオンパレードだ(泣)。
それでもまずは他の人に便乗して、何とかプログラムにサインを貰うのに成功。ファンの一人から受け取ったマジックで、延々と他の人のプログラムにもサインし続け、「あの~ペン返してください…」と背後で(日本語で)つぶやかれるジェーニャが可笑しい。それにしてもこの人、話には聞いていたものの、オフアイスではあまりにオーラがなくて驚く。身長も確実に180㎝はないと思うし(あれはスケート靴込みであろう)体つきも予想以上に華奢。スウェット+変なベストの微妙なファッションのせいかもしれないけど、あまりに普通すぎて、まるでその辺を歩いている兄ちゃんだ。少なくとも私にはそう見えた。…いやもちろん、常人のレベルからしたら十分綺麗なんだけども。

Cimg0597 Cimg0603 Photo

途中で上品な雰囲気の日本人の若夫婦が寄ってきて、1歳ぐらいの男の子を抱っこしてもらおうとした。すると男の子、いきなり号泣。弱り果てるジェーニャ(笑)。結局、大泣きのままパパが抱っこして、記念撮影してもらっていた。無理もない、まだ普通に人見知りしそうな年頃なのに、いきなり金髪碧眼のカッパみたいな兄ちゃんに抱っこされるのはハードルが高いよ。気にしなさんな。と、ロシア語が話せたら言ってあげたかった。(この写真の撮影者はUさん。ありがとうございます!)

次々と写真やサインをねだられていたジェーニャが、一瞬手持ちぶさたになった奇跡的瞬間に「ツーショット写真お願いする?」と思ったものの、シャッターを頼める人が近くにおらず、泣きそうな気分になる私。ああこういう時、知らない人にでもお願いできる度胸が、私にはないのじゃああ。「ええい、ツーショットなど柄じゃないわい!」とバナーにサイン貰う作戦に変更。ソファテーブルにバナーを広げる。

私「ジェーニャ、ええーと、おうたぐら…プリーズ」(蚊の鳴くような声) ジェーニャ「ヒア?」(書く場所を自分でさっさと決める) 私「ヒア、ヤーヤー」(蚊の鳴くような声) ジェーニャ「シュッシュッシュ!」(端を引っ張ってぴんと張っておいてよ、という意味らしい 笑) 私「はいはい」(しっかり日本語) ジェーニャ「OK」 私「すぱしーば」(棒読み) 次に九夜さんもロシア国旗を持ってきてサインをお願い。ジェーニャに「シュッシュッ」と命令されて(笑)またしてもその国旗の端を引っ張る私。……何だか、憧れの人にサインをもらうというよりは、男子と肩を並べて体育祭の応援旗でも作っているみたいだったよ。それも気が焦っているおかげで、一瞬で終了。「こんぐらちゅれーしょん」も、「びゅーてぃふるすけーてぃんぐ」も、何一つ伝えられず、握手もできなかった。これじゃただのサインクレクレおばさんだよ…と、後から大いに落ち込むことになる。その時は必死で気付かなかったけど。当然匂いも嗅げなかったよ。あんなに近くにいたのに…。  

その後、ロビーにたたずんでいたミーシン先生にもサインをお願いすることが出来た。でも相変わらず蚊の鳴く声で「Sir…ぷりーずぷりーずおうたぐら…」(笑) まるで鼻歌を歌うようにきゅっきゅとサインしてくれる先生。私「すぱしーば」(棒読み)。本当に上機嫌。それはそうだよね。この大会で、ジェーニャは確かに戦えることを、みんなに向かってはっきりと証明したんだから。それにしても…先生のサイン、ページいっぱいで教え子の5倍ぐらいの大きさがあるんですけど。想像以上に豪快な方なのね。

結局オフアイスはまるで運動会みたいで(笑)、自分の語学力ゼロも手伝って、お祝いすら言うことが出来なかった。がっかり。でも、今まではPCの画面で想像するしかなかったジェーニャの輝きを、実際にこの目で見られただけでも、胸一が杯だったのは確かだ。次はいつのことになるか全然分からないけど、きっとまた、君に会いに来たい。その時はもうこのヘタレをどうにかして、もう少しまともに、感激した気持ちを伝えたいよ。 ヤナと連れだって、バンケの会場に消えていくジェーニャの後ろ姿に向かって、もう一回「すぱしーば」と心の中でつぶやいていた。ロシアまで来て本当に良かった!

Photo_3

« モスクワ・ヘタレ紀行その7。 | トップページ | ヘタレ紀行・番外編。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よかったね!直接会えて。。
なにもかも超お宝体験だね。。
読んでいて私も幸せな気持ちになりました。
(じれったくもなったけどcoldsweats01

すごく読み応えのあるレポでした! あーいいなあ。高揚感と安堵感が入り混じったような雰囲気がリアルだー。サイン、良かったですねええ。しかも、共同作業で。うらやましいですっ。
ずっと、早く続きが読みたいーでも読み終わるのもったいないからゆっくりでいいー、みたいな気持ちで、更新を楽しみにしてました。ほんっとに楽しかったです!

あ~終っちゃった~っていう感じです。
が、何故かしら泣けて来たcrying
”よし!会いに行こう”から
>ジェーニャ「シュッシュッシュ!」
(端を引っ張ってぴんと張っておいてよ、という意味らしい 笑) 
の体験まで
頑張ったね、偉かったね、凄いな~
プルさんに「シュッシュッシュ!」って言われる経験は、
そうそう出来ないし!
と思ったらweep
ホントに良かったです。
そしてレポ、ありがとうございましたgood

楽しいレポありがとうございました!
毎回続きが読みたくて更新を楽しみに待っていました。

今回のレポは自分までドキドキしながら読みました。
私もヘタレで緊張しいなので、(たぶんemizhenyaさんよりもっと)わかるわかる~と勝手に思っちゃいました(笑)
でもジェーニャの生試合と生ジェーニャ、とってもうらやましいです!

私はメタボってた時期の(笑)ショーは観たことがありますが、たぶんこれからもジェーニャの試合を生で観ることはできないと思うとすごく残念ですが、レポ読ませていただいてロステレコム杯の生の雰囲気を味わうことができて感謝です!

今週はモスクワで試合ありますよね!
怪我しないで満足のいく滑りができますように。

楽しいお話をありがとうございます(o^-^o)
私も躊躇せずに行けばよかったな~と
思ってしまいました。
充実した時間を過ごせてよかっったですね!


こんにちは。
楽しいレポありがとうございました! 最終日の「シュッシュッ」命令には笑ってしまいました。体育祭とは言い得て妙ですね! 同級生男子だったり皇帝だったり芸(?)の幅が広すぎます(笑)。
それにしても、本人を目の前にすると何も言葉が(私の場合、日本語すら!)出てこないのは何故なんでしょう。予めメッセージカードとか作っておけば良かったー!と思いました。匂いは……HUG ME!とかでしょうか?絶対言えないです、そんなの(笑)。

すばらしい記憶力で楽しい連載レポをあげて戴き、お疲れ様&度々登場させて戴き有難うございました。
プルさん、シュッシュッシュって確かに言ってましたね~。そっか私のロシア国旗ひっぱっててくれたのEmiさんでしたね。ありがとぉーす!(爆
あの非日常の日々からはや一ヶ月。GPFも、もうすぐ始まりますね。ブライアンの欠場が、発表されました。とても残念ですが、シーズン本番はまだまだこれから。
選手の皆さんどうか怪我に気をつけてシーズン終えていただきたいですね。

うさうさ様
奇跡的に新しい社員さん見つかって、うさうささんがタリンの観覧席に座っておられること願っております~

ご来店&コメントありがとうございます!

>liangちゃん
じれったいよね?私もじれったかった(泣)。普段から薄々感じてはいたけど、自分の意気地のなさを久し振りに実感したです、はい。でも、どんな相手にも自然にあるがままに接してくれる、ジェーニャは素敵な人でした(慰)。

>母ぴ様
ほんっとうに亀更新ですみませんでした~。こんなへなちょこ報告におつきあいいただいて、感謝しています。結局のところ、フィギュア観戦は全くの初心者なので、難しいことは分からん。せっかくだからつまんないことも全部書きとめておこうと思いました。みんなで観戦ツアーに行った気分になれるように…。やっとの思いでもらったジェーニャとミーシンのサインは、いい記念になりました(笑)あちこち転戦されている先輩ファンに、ちょっぴりでもお話が聞けたのもヨカッタです。

>ぷるぷる様
引っ込み思案、出不精、外国語障害、絵に描いたようなドメスティック女子。にしては、本当に頑張りました~(笑)。自分としては最後まで情けなかったけども、そんなこと忘れちゃうぐらい、ジェーニャは凄いもんを見せてくれました。ちなみに「シュッシュ!」のジェーニャは仕切り屋でした(笑)。その時だけ妙な威厳がありました。

>冬子様
更新が遅れてすみませんした。この、ヘタレで緊張しいな心持ちを分かってくださる方がいてうれしいです! 後から客観的に考えると笑っちゃうくらいなんですが、その時はいっぱいいっぱいなんですよね、本当に…。
結局、今週のモスクワの試合はスキップすることになってしまいましたね。試合勘という意味では心配ですが、ロステレコム杯の集中力を見せつけられた身としては、常人の常識など意味がない気もしてきます。

>amippi様
演劇やコンサートと違って、競技ってどんな結末が来るか、フタを開けてみないと分からない。だから今までは、海外まで観戦に出かける人って本当にすごいなあ~と思っていたんですが。今回は思い切って行ってみて、本当に良かった。ジェーニャありがと。amippiさんも、オリンピック、当選したら行った方がいいですよ!(と焚きつける)

>ノラ様
そうそう、「旗を引っ張とけ」と言われた時は、マジで同級生男子の乗りでした。あれが氷の上に立つと、なぜあそこまで皇帝然としてしまうのか。本当に謎です。そのギャップを身をもって体験できてヨカッタ。

>それにしても、本人を目の前にすると何も言葉が(私の場合、日本語すら!)出てこないのは何故なんでしょう。

えええ!本当に?? ノラさん、私と違って、積極的にバシバシとコミュニケーションしてるイメージでいたんですが。意外だ。でも、あらかじめ「HUG ME!」とかメッセージカードを作っておくというのは、いい考えかもしれません。次に会えそうな時には作っておくかな~(笑)

>九夜様
お断りもなしに何度もご登場いただいてしまいまして、申し訳ございません~。
本当に夢のように楽しかったですね!どれもこれもジェーニャのここ一番の集中力、そして九夜さんのお陰と、感謝しております。
「シュッシュ」もそうない経験でしょうが、もし次に会えることがあったら、同じ反応をするのか、また試してみたいなあ(笑)なんというか、やっぱり面白い人だなあ。ジュベールの怪我はちょっとショッキングでした。これ以上、どの選手にもアクシデントは起きて欲しくないですね。もちジェーニャにも。

emizhenyaさんのお人柄が伝わってくる、あたたかくて楽しいレポでした♪もちろん、記憶力も筆の力も素晴らしく、ワクワクしながら読ませていただきました。どうもありがとうございました^^
「シュッシュッ!」は最高に素敵な思い出ですね〜。いや、ほんとにうらやましいです。私も仕切られてみたかった(笑)

個人的には、ミーシン教授のサインがとても気になっております。ブレードとお花?ですか?若い選手のサイン並みに可愛い〜☆

>eco様
いつもお世話になってます!
拙いレポを呼んでいただいて、本当にありがとうございます。あの場で、自分がecoさんだったらよかったのに……と、どんなに思ったことか。ミーシン先生にはジェーニャほどファンが群がっていなかったので、ゆっくりお話する機会があったんですから。自分が話す言葉を持っていればですが(泣)。
先生のサイン、本当にかわいいですよね! たまたま一緒に貰った日本のファンの方が英語で意味を聞いていましたけど、ecoさんご名答、ブレードとお花だそうです。これだけ凝ったデザインだから、十分なスペースが必要ですよね(笑)

こんにちわ~
待ちに待ったジェーニャとの遭遇編の時に限って、
忙しすぎてコメントできないままでした…。

でもでも、ジェーニャと直接言葉を交わせただけでうらやまし~な~!!噂のいいにおいを確認できなかったのは残念ですねw

>うさうさ様
ようこそ! 相変わらずお忙しそうですね。観戦準備はいかがですか? もしエストニアじゃなくてRNとなると、ビザも取得しなくちゃならないので時間がなさそうですが。本当に、新しく社員さん採用されませんかねえ…
でもうーむ、あれでも言葉を交わしたうちに入るんでしょうか(笑)。あまりに必死すぎて、いい匂いのことなんてすっかり忘れていました。もし次があったら、しっかりリハーサルしてから臨みたいと思っています(何を?)

ごめん、今頃coldsweats01
バナーにサインもらえた顛末がやっとわかってよかったよ〜。

私が側にいたらツーショットも撮ってあげたし、握手もさせてあげたのに!(←その昔、駅でジャニーズJr.の子を見かけ、サインがほしいのに固まって何もできない姪っ子の手を引いてぐいぐい迫ったおばちゃんでした)

ホントうらやましいよぉ。アイマール追っかけたときメスタージャで出待ちしたのに出てこなかったもん・・。ジェーニャのサービス精神に脱帽!

>夜型様
コメントありがとうございます。こちらこそ今頃までかかっちゃって。レスも遅くなってごめん~。
うん確かに!あの時夜型さんがいたら、本当に心強かっただろうなあってマジ思うわ。ツーショットも3パターンぐらい撮れたかも(笑)。ジャニーズの話も思い出した。今の子でもやっぱり、そいういう時は固まるんだって再認識して、何となくほっとしたよ。私が同じ立場だったら、やっぱりガンガン迫るかもなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/46853204

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワ・ヘタレ紀行その8。:

« モスクワ・ヘタレ紀行その7。 | トップページ | ヘタレ紀行・番外編。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31