« アホの子はアホだった。 | トップページ | 氷の精、27歳児。 »

モスクワ・ヘタレ紀行その6。

やっとここまで来たよ。読む方はきっと、いい加減嫌になってるに違いないよ。とほほ。
寸止め御免あそばせ~母ぴ様(笑)。

************************************
男子FS第2グループの演技が進むけど、何となく身が入っていない私。観戦慣れした方々は、こういう時も、他のスケーターの演技にもちゃんと集中できてるんだろうか。

・シュルタイス。SPがノーマルで驚いたけど、こっちでは「不思議ちゃん」なプロで満足シタ(何が?笑)。パックマンの音源とか、どこからそんな発想が出るの。
・ボロドゥリン。3A?をミスったけど、無難な出来。でもやっぱり私はSPの方が好きだなあ~。
・ウェアー。今日もロシアンギャルの親衛隊がっ!でも演技では3A成功せず。不調だ~。
・小塚くん。クワドに挑戦も転倒、惜しい~。去年からずっとこの光景見てるけど、いつか降りられるのだろうか。ジャンプだけ、ミーシン先生のワンポイントコーチ受けるなんて無理か。その他の3回転は綺麗に決めて、演技全体のスピードも素晴らしかった。でもなあ。SPもFPも、両方ともギターってどうよ。全体の印象が凄く地味だ(それはキャラか)。

そしてジェーニャ! 今までの誰よりも大きな歓声が上がる。昨日よりも時間は短い気がしたが、それでもゆっくり、振りを確かめるような動作をしながら位置へ。普段は滅多に祈らない神様に祈る自分。
一気に加速して最初の4-3。うわわっ昨日より回転が速いよ!次の単独の4回転は3Aに変えたけど、コンビネーション、3Loと、たたみかけるようにジャンプが決まり、会場の温度がPhoto_2一気に上がった気がした。ジャンプを跳びに行く時の気迫が凄い。でも静止して腰はしっかり振るのね(笑)。ペルミの時よりずっと全体の振りが複雑になっていて、一瞬だけ怪鳥パタパタや、エアタンゴも復活したのが嬉しい。でもまさか、サーキュラステップは2日前にやっと完成したものだったなんて、その時は知らなかったけど。全くやってくれるよね。

後ろ姿にもかかわらず、サーキュラステップの途中でジェーニャが指をねっとりと舐めたのがはっきり分かり、「面白すぎるよこの人…」と、興奮と共に笑いが止まらなくなる。そして、最後の2Aを決めて、「ナンバーワン」とばかりに指を突き立てた時、会場のボルテージは最高潮に達し、私は堪えきれずに大爆笑。だって、ジェーニャの視線の先には、「FOREVER」と書かれたヤグディンのバナーがあったから(なぜあれがあそこに出ていたのかは謎…)。ジェーニャはあたかも、アレに向かって指を突き出したように見えたのだ。そして、あの脱力フィニッシュにも「何してんの? うわ、わざわざジャッジにガン飛ばしに行った?」とまた大笑い。何だって、フィギュアを観てこんなに笑ってるんだ私。でも、フィギュアを観てこんなに幸せな気分になるなんて、今までの人生では想像もつかなかった。それはたぶん、この日のジェーニャが並の役者じゃなかったからだ。会場中が半ば大喜び、半ば呆れ果てて、コンペという名のショーに引きずり込まれてしまった。だって、丸々3年競技を休んでいたスケーターに、あんな凄いパフォーマンスを見せつけられるなんて、悪いけど本人意外誰も信じていなかっただろうから。ああ、あんたは本当に凄かった。もうこれ以上言いようがないよ、ジェーニャ。 後から知るところでは、リンクサイドの小塚君もほとんどファンの面持ちで、大喜びで拍手していたという…勝負師としてはどうかと思うが、いい子だなあ。辛口Uさんも脱帽。「これならPチャンといい勝負になりそう」と言われた。相変わらずキツイなあ(笑)。でも嬉しい。たぶん今日の演技には、観る人全ての心を動かす力があったと思う。今のフィギュアに4回転が必要かどうかなんて、まるでこのスポーツの進化を拒絶したような論争を、一気にどこかへぶっ飛ばしてしまった。
ジェーニャの優勝が決まった後、まだ夜は長いのに、例によって放心状態に(笑)。

ペアFS  

・パン&トン。ラ・マンチャ好きな私、「見果てぬ夢」も大好きなので大喜び。とっても感動的なプログラムで、貫禄の優勝だ。川口&スミルノフ。ジャンプのミスが残念だったけど、「美しき青きドナウ」大好き。観られて満足。

フリーダンス  

・優勝したデウィビス&ホワイト「オペラ座の怪人」は端正だったけど、それよりも、2位のカッペリーニ&ラノッテの「レクイエム・フォー・ドリーム」の方が私には印象的。好きな曲だし、アクが強い振り付けだし。カッペリーニの真っ黒アイラインメイクが凄かった。

女子FS 

・真央ちゃんが2グループの第一滑走なんてちょっと考えられない感じ。練習からうまくいかず、案の定3Aが2回とも決まらない。さらにコンビネーションも回転不足と、プログラムが進むにつれて、周囲のの日本人の空気がどんどん重苦しくなる。でも、ステップや表現は今まで観た「鐘」の中でいちばんだと思った。Uさんは「何かを変えなくちゃ、真央は潰れる」と言い続けていたが、何を変えたらいいのか。これで彼女は、オリンピックの出場権を全日本選手権で勝ち取らねばならないだろう。それまでじっくり立て直して欲しい!

・エスカレーターで一緒になったレオノアも、ジャンプが全然決まらなかったけど、「シカゴ」のプログラムの小粋で元気な感じがぴったりで、弾けるような演技がキュート。美姫ちゃんが逆転優勝。彼女としては内容的に決して良くなかったけど、他のスケーターもミスが多く、クリーンな演技がなかった。「クレオパトラ」は、美姫ちゃんにとても似合っている。前のような「ぶん回し感」がなくなって、表現がすごく美しくなったと思った。

************************************

最後は真央ちゃんの台落ちでどんよりしてしまったものの、気を取り直してホテルに戻り、例によってAさんの部屋で、ワインを片手に喜びを分かち合うプルファン3人。そこへ、ロシアナショナルチームのジャケットに身を包んだ3人娘、茸の女王さん(ブログでお馴染み)、yoshimatuさん(twitterで知り合う)、ともうお一方(ごめんなさい、お名前うかがいそびれた)が、「マーラージェッツ!マーラージェッツ!」のコールとともに乱入(笑)! ホテルに着いた夜から連絡を取り合っていたのだが、このおめでたい夜にやっと合うことが出来たのだ。短いけども幸せな、プルファン6人の祝勝会が深夜まで。お隣の部屋の人には、ちょっと申し訳なかったみたいだけれど(笑)。

« アホの子はアホだった。 | トップページ | 氷の精、27歳児。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああああうらやましい…
私もロシアにいたかった…マラジェッツ叫びたかった

皆さんブログやtwitterでどんどん交流なさったり、
情報交換されてるんですよね…
最近やっと自宅のネット環境が整ったので
もうちょっと私も交流の場を広げねばと思いつつ
なかなかできなくて。

(都内在住スケートファンの皆さんたくさんいらっしゃると思うのに、なかなか身近で発見できない。)

あ、ロシアナショナルチームジャージってどこかで購入できるんですか?真剣に欲しいんですけど。

うわあああああ。すごい。こういうレポが読みたかった! 嬉しい!
いいないいな。パソコンの画面ですらあんなに興奮したんだもんなあ。いいないいな(二回目)。のっけからジャンプで魅せましたよね。私も好きなふりが復活して嬉しかったですよお。
目の前であんなすごいの見ちゃうと、笑っちゃうんですね。そうなのかーそうなのかーとか思いました。今までも、すごすぎてよく解説のひとに笑われていましたけど、やはり笑うのですね。
興奮がよみがえりました。更新ありがとうございます! 楽しみにしてたのですー嬉しいー。

何時でも何度でも思い出せるくらい楽しい時間だったのですね~!
羨まし~羨まし~羨まし~happy02
>後ろ姿にもかかわらず、サーキュラステップの途中でジェーニャが指をねっとりと舐めたのがはっきり分かり
【ねっとり】ですか・・・
エロ過ぎですlovelylovelylovely

初めまして!
いつも楽しく読ませていただいていましたが、初コメントです

事情が許さず無理でしたが、私もロ杯行きたかったです!
でもemizhenyaさんのレポから現地の雰囲気を少しわけていただきました
楽しいレポありがとうございます

パソコンで生中継をみているだけで,久しぶりに手が震えるくらいドキドキしたので、
現地に行かれた方は興奮されただろうなあheart04

ここのところ、いつも録画したタンゴを寝る前にみています
(解説を消すことができないので佐野さんの解説のタイミングまで覚えそうですが…)

身近にジェーニャを語れる人がいないので、またお邪魔させて下さいませ
よろしくお願いいたします!

いえいえ楽しみにしていましたよ(o^-^o)
やはり生はいいですね~
それにしてもここまで楽しませてくれるスケーターは
他にいないのでは!?
事情によりバンクーバーオリンピックには
行けるかどうかわからないのですが。。。
一応ツアーのメール登録してみました!

Emi様
ヤグ兄さんのバナー大きくて会場でもすごい存在感だしてましたね。しかも、客席にはヤグさん本人。という、漫画のようなシチュエーションeye
夜の祝勝会も楽しかった。みごとにプルオタばっかり集まったから、盛り上がらないわけがない!夢のような1日でした~happy02
あとご好意に甘えて…

うさうさ様
こちらこそいろいろ教えてくださいませ~^^
チケットについては、スポンサーの方からもあたってみましたが、「入手できません。」とのこと。クゥ~。やっぱ現地調達か…
SPからガーラまで滞在予定ですか?今回試合日数長いんですよね。

九夜様
SPはあきらめましたでもせめてLPとガラ!!
今回は業界の最繁忙期に休みを取るため、
1/20の夜日本発、1/25早朝日本着そのまま仕事という
あほなスケジュールを組みそうです。

ぜったいジェーニャはガラに出る!
と信じているのでどうにかこうにか時間をとって、
最悪1/25は半休をいただいて…無謀すぎますけどね

emizhenya様
お言葉に甘えて伝言板に使わせていただいてすみません、
でもemizhenya様の行動力とか感想を読んでいると
やっぱり私もジェーニャに会いたいw
次回はいよいよジェーニャにサインをもらう回でしょうか?
モスクワ紀行その7すごく楽しみです。

いつまでも超チンタラなレポート更新に、ご来店&コメントありがとうございます!

>うさうさ様
私もリアルスケート仲間が身近にいなくて、お気持ちは本当によく分かります。友達を誘ってはいるけど高いし、そう何度もはなあ…いろいろ教えて下さる先輩も欲しいしなあ。今年はGPFのSPだけと、日本選手権を観る予定なんですが、ロシアで一緒だった誰かと会えるかな?と期待してますが。
ロシア代表の公式ウェアは、ボスコ・スポーツがやっています。公式 http://boscosport.ru/
壁紙にトリノの時のジェーニャが現れたりして楽しいサイトですが、直営店はどうやらロシア国内にしかないようで。
http://www.waja.co.jp/waja/brand/2344.html
ここで通販で扱ったこともあるみたいですが、今はどうも在庫がないようです。入荷情報をメールで貰うこともできるみたいですけど…ごめんなさい、私もあまり詳しくなくて!
改めて、やっぱりウェア買ってくれば良かったかも、とちょっと後悔。

>母ぴ様
喜んで頂いて、私も嬉しいです。本当にお待たせしちゃってすみません~
たくさんの人の脈拍や体温が一斉に上がると、一瞬で会場がヒートアップするじゃないですか、(たぶん)物理的に。サッカーのスタジアムでも、時々そんな体験をすることがあるけど、この時はまさにそんな感じでした。目の前であまりに凄いものを観ると…だいたい人ってポカンとするか、笑うか、どっちかなのかもしれません。あんなに張り詰めた、超痺れる局面で、人を笑わせることができるジェーニャって、マジで希有な才能の持ち主だと思いましたわ。

>ぷるぷる様
ええ、もう後ろ姿だけで、十分「ねっとり」でしたとも! ジャッジと向かい合った裏の席の私たちにも、背中であんなにアピールできるなんて、ジェーニャの表現力には恐れ入りますわ。帰国して、改めていろんなニュースサイトを確認した時に、あのものすごい「アヘ顔」があふれているのを見た時は、マジで涙が出るほど笑いました。

>冬子様
こちらこそ初めまして! 
手が震えるほど…うーん、もしかすると、PCで観戦する方が超ドキドキだったかもしれないですね。現地にいると、目の前で起きていることを追うだけで必死で、場の雰囲気に飲み込まれつつ、あっという間に終わった感じでした。
ああ、わが家でももちろん、録画はもれなく佐野さんの解説付きです、当たり前か(笑)。Webの動画ならまだ選択肢はありますけど(海外局もあるので)、大画面の録画には日本語実況が付いてくるんですよね。それを考えると、実況って大事ですよねえ…「うめえ!」って、口調まで伝染しそうで怖い(笑)。

こんなチンタラ日記ですが、またぜひ遊びに来てください~

>amippi様
ええ少なくとも私の中では、ここまで笑いの取れるスケーターはいません(きっぱり)。
オリンピック…ツアーは毎回目玉が飛び出るほどの価格設定で、しかもフィギュアは競争が激しそうですけど…根拠もなく、絶対に行く気でいる自分。うーん、amippiさんも行けるといいですよね~。

>九夜様
そうそう、何であんな大きいヤグさんが、しかも2つも出ていたのかと…本当に不思議。ジェーニャの性格を熟知の上、鼓吹してくれていたのかな。そんな美談なわけないか(笑)それにしても、見事にプルオタ6人が集まったのは、おっしゃる通り壮観でしたね~。知らない人が見たら、相当気持ちが悪かったかも。でもあんなお祝いなら、何度でもしたいな!

>&うさうさ様
うーむ。チケットは現地調達になるのですかあ…。おふたりとも、結構綱渡りになりそうですね。でも、それでも渡航されるなんて本当にカッコイイ! 当方何の役にも立たないけど、ここはいくらでも使ってください。遠征が成就することを祈っています。もし首尾良く行った暁には、ぜひお話お聞かせ下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/46778812

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワ・ヘタレ紀行その6。:

« アホの子はアホだった。 | トップページ | 氷の精、27歳児。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31