« モスクワ・ヘタレ紀行その4。 | トップページ | アホの子はアホだった。 »

モスクワ・ヘタレ紀行その5。

うおおお…更新できないよお!…ってもうスケアメじゃん。GPFも目と鼻の先。何だか一部を除いて混戦気味。ファイナル決めたのは今のところ、織田君、ミキちゃん、ライサでOK?ああ、ユナもアメリカで決めそうだ。シーズン進むの、速いなあ。

******************************

つづき

ホテルに戻ると、九夜さんと同ツアーで、プルシェンコファンのAさんのお部屋に招待された。添乗員をされているだけあって、本当に旅慣れたAさん。日本から、ワインやカップ麺、漬け物までトランクに詰め込んで持参し、疲れ切って遅く戻っても、食いっぱぐれることなく自給自足生活ができる。さらに小型のノートを持ち込んで、情報もばっちり。
結局、アエロスターに滞在中、一度も外に晩ご飯を食べに行かず、毎晩Aさんの部屋に寄生して、ご馳走になりにけり。一人でホテルのバー、なんて考えるだけで目眩がしそうだった自分。九夜さんとAさんに出会えなければ、モスクワで3晩生き抜けたか怪しいもんだ。
この場で改めておふたりに、心より御礼申し上げます。ありがとうございました!

●3日目(10月24日)
午前中は、街に買い物に出るAさんと九夜さんのお誘いをありがたく受けて、金魚のフンを決め込む。昨日のスリルに比べたら、この「大船に乗った感」は何なんだ~(笑) 今度は4駅先のチアトラーリナヤ駅で下車。今日も昼過ぎの集合なので、あまり時間はない。マネージ広場の賑やかな出店や、赤の広場へ続く門を横目にを通り過ぎて、トヴェルスカヤ通りへ。

Photo

Photo_2 Photo_3 Photo_4Photo_5

通り沿いの「ボスコ・スポーツ」でチェブラーシカの白いぬいぐるみと、ピンバッチをゲット。ナショナルチームのスウェットやフリースはめちゃ格好良かったけど、価格は日本の高級スポーツブランドものと変わらず。さらに「ロシアナショナルチームの服なんて一体いつ着るんだろう…」という理性も邪魔をして、購入を諦める。でも、今思えば買っておいてもよかったかなあ。ちょっと後悔。

次は外資系の高級スーパーで、おみやげ物の買い出し。歴史が感じられるとても重厚な建物で、中の装飾も壮麗の一言。一体、元は何だったんだろうか。残念、なんにも分からない。あまりに美しいので、こそっと写真を撮る(一番下)。もう一カットと思った時に、クルーカットの若いガードマンが飛んできて制止した。うん、やっぱりそうだよね、失礼しました。とカメラをしまう。ホテルそばの食料品店も、ボスコもそうだったけど、高い品を扱うお店では無線機を持ち、髪を短く刈り込んだ眼光鋭いガードマンがお客を見張っている。あまりいい気はしない、慣れたけど。急速に発展したモスクワでは、物騒なことが多いのだろう。 外国人に対しする警戒心が強い。スーパーで不思議なインスタント食品やら、面白い包装のチョコレートやらを物色するうちに、あっという間に時間切れ。ゆっくり食事をする余裕がなくなり、一度ホテルに戻ることにする。 ホテルのレストランに行こうとしたものの、結局プルシェンコファンは3人とも、食欲があまりないことに気付く。FPを前に「緊張しているのかなあ…」と顔を見合わせ、また部屋で買い置きの食料をつまむ。ファンの思いは一緒なんだ。

午後2時に集合してリンクへ。今日こそカメラは渡さん!とばかりに、全員ぬかりなくバッグの底へとしまい込んで、セキュリティチェックをパス。本当に適当だ(笑)。
今日も男子フリー、ペア、ダンス、女子フリーで約7時間。昨日、第一滑走のジェーニャは、今日は最終滑走。なかなか観られないことなんだよね、これって。
この日も結局、スケーターの滑りを観るのに精一杯で、写真撮影なんてほとんどできなかった。そもそも、10倍ズームの手持ちコンパクトカメラで撮れる写真なんて、全然大したことないけど。
第2グループの6分間練習が始まると、また鼓動が大きくなっていく。ジェーニャは相変わらず集中した表情だけど、昨日よりは緊張はほぐれているだろうか。

ジョニーとすれ違う(笑) 
Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5



何を想う?

Photo_10

« モスクワ・ヘタレ紀行その4。 | トップページ | アホの子はアホだった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お寿司セットみたいな写真、日本人観光客が多いってことなんですか~?
カリフォルニア巻き(ロール)でなくって、モスクワ巻きっていうのかしら???
>「ロシアナショナルチームの服なんて一体いつ着るんだろう…」
それは夜な夜なコッソリひっそりプルさんの滑走を見る時!
(あ~コソコソするのはカミングアウト=失敗の私くらいなもの・・・)
惜しかったですね、誰かがドンッと背を押してくれたら買ってたかも ですね。
*ウチにはアメフトユニフォームとか、男子校ブレザーとかあります・・・
それも架空チーム、架空高校のcoldsweats01

わーい。チェブラーシカだ。かわいい!
スーパーの建物良いなあ。重厚だ。
そして、六分間練習で次回へ続く寸止め感がとてもいい!

おー、モスクワの冒険だぁ。
お仲間がいると分かると安心して読めますわ(*v.v)。
ホントに食事も二の次のガチガチ観戦ツアーだったんだね。
夜型さん家で見たバナー振るemiちゃん(inDVD)を
思い出しては1人笑いしてしまいます。

ご来店&コメントありがとうございます!

>ぷるぷる様
モスクワはお金持ちが多い街だからか、結構何でもあります。お寿司屋さんも普通に多く、よく分からないけど、スノッブな地元っ子とかが行くんでしょうか。このメニューではなぜかお寿司が舟盛りになってるんで「ちょっと違う…笑」と思いながら思わず撮影してしまいました。ロシアナショナルのジャケット、後のエントリーに出てくるんですが、茸の女王さんとかも着ていて「やっぱ買えば良かった!」と改めて思ったりして。でもなあ…おばさん、年甲斐なさすぎかも。
>*ウチにはアメフトユニフォームとか、男子校ブレザーとかあります・・・それも架空チーム、架空高校の

ええええっ何すかそれ。コスプレ???

>母ぴ様
写っているのはかわいいチェブですが、ぶさいチェブもいっぱいいました(笑)。本当はもっといろいろ買いたかった。ちっさいキーホルダーチェブもいるんですが、数があまり見つけられずに、親戚や妹にあげておしまい。残念。モスクワは、外観も内観もすごい建物が多いです! やっぱ西側より多いかもしれませんね。また行きたいなあ…
で、寸止め失礼! わざとです(笑)。次上げました。本当に遅くてすみません~

>liangちゃん
いやあ~仲間がいると安心です。お一人は英語が超堪能だったし。言語的に丸腰な状態がこんなに消耗するもんだとは思わなかったわ。
>TV もう…あれはね。本当は死ぬほど恥ずかしいんだけど(実は綴りに自信がないのナハハハハ)そんなことより何より、ジェーニャに気を送ることの方が重要だったので。羞恥心は握りつぶすことにした。私、出の時にすごく大きな声で名前を呼んだから、たぶんマイクが拾ってると思うよ、確認してないけど(笑)…だからってみんなに見せなくてもと思うけどっ(怒)とほほ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/46745397

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワ・ヘタレ紀行その5。:

« モスクワ・ヘタレ紀行その4。 | トップページ | アホの子はアホだった。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31