« 感動するなら金をくれ。 | トップページ | タラソワは、漢です。 »

ジェーニャ…くどいよ(笑)。


Evgeni Plushenko Gala in Vancouver 2010

Evgeni Plushenko | MySpaceミュージックビデオ

えーと試合の動画はもっと咀嚼しなくちゃ厳しいけど(本当に精神力が弱いよなあ、私)、我らがGala大王の動画は、とりあえず置いておいてもいいやと思った(笑)。ユニクロ+親父ベルト衣装、本当に好きなんだなあ。コレが一番しっくりくるのか。

うーん、さすがだ! といいつつまさかね、こんなに盛り上がって、スタオベまでもらえるとは思わなかった。オリンピックの日程から言って、Galaのお客さんって試合よりも地元の人が多いんじゃないのか。よく分からないけど。そうだとすれば素晴らしい、ありがたい。 政治や国籍やレギュレーションやなんやらかんにゃらに関係なく、人を惹きつける強烈なオーラをジェーニャは発し、お客さんは素直にそれに応えてくれたっていうことです。とんでもなく皮肉と諧謔が込められたプログラムだったかも知れないけどね。

願わくば、これからはいつもそんな空気が、スケートリンクを支配することを。幸せな闘いが、展開されることを。 そのためには、どうしたらいいのかなあ…。

« 感動するなら金をくれ。 | トップページ | タラソワは、漢です。 »

プルシェンコ」カテゴリの記事

コメント

日本地図も 日本語コメもないキレイな動画ありがとうございます。

ほんとに しっかり身体治してほしいなあ。
アキレス嚢胞は簡単でしょうけれど 膝は大変だと思う。
高橋選手のような外傷と違ってオーバーユースで傷めつけ続けた膝だから難しいのだろうなあ。
半月板を半分切除しているそうですが 半月板を切除するくらいなら問題は半月板だけには留まってはいないでしょうしね。

ところで私親父ベルトの良さがいまいちよくわかりません(笑)
よかったら そのよさ教えてくださいませませ。

はじめまして。
さちです。
ジェーニャのファンはどこかな~なんて見てたら、
ここの行きつきました。

2009年の試合や深刻な怪我をする以前のジェーニャとどことなく比べてしまい、実はかなりビクビクしながら中継を見ていました。

本当のところ、もう無理して出場してほしくない。
彼には静かに幸せな日々を送ってほしい。
でも彼はアスリートであり、プライド高き男なんですね。。。
「僕の青春時代・アドレナリンを求めて・・・」との記事を見たときには、私もジェーニャにゾッコンだった事や、男子フィギュアの壮絶な戦いを繰り広げていた時代を思い出し、涙が出ました。

怪我をしてでも、4回転に挑み続けた過去の選手の思いを抱きながら4回転を披露したジェーニャの姿は一生忘れることがないでしょう。

長くなってごめんなさい。

周りにフィギュアスケートで盛り上がれる友人がいなくて(苦笑)

またHP遊びに来ますね。


足の写真 ありがとうございます。
あの 小指の下の膨らみは筋肉なんでしょうか?
不思議な足ですね。

いつの写真か判りませんが 右アキレス腱内側の嚢胞はしっかり写ってますね。

ご来店&コメントありがとうございます!
>>effect様
EX、3回の放送全部録画したのに、3回とも日本地図とお別れできず。海の向こうで大勢の方が被災されているので不謹慎ですが、ある意味スケートファンが泣いた一日でした…。
本当に、ここ何年もダマシダマシ使ってきた各所のメンテナンスを、早くして欲しいですね。本当はすぐにでも医者に行け!と願うのですが、ジェーニャがワールドにこだわるのは「これが本当に最後の試合かもしれない」という思いがあるからなのでしょうか。
ジェーニャの足の写真、すごいですよね。味があるというか。ロシア語読めないのでいつのか分からないんですが、結構前の雑誌な気がします。右足のあれは嚢胞ですかね? それより、足の下の手ぬぐいにばかり気を取られていました(笑)

>>さち様
初めまして。ようこそいらっしゃいました~先輩!
私のようなニワカファンは、ジェーニャの復帰劇にごく単純にワクワクできたのですが、全盛期をリアルにご存じの方にとっては、乗り越えなくちゃいけないイメージが数多くあったのだろうな…と思います。年齢という壁だけでも高いのに、あちらこちらにメスを入れた満身創痍の体で。おっしゃるように、ジェーニャは本当に誇り高きアスリートなんですね。
同じ銀メダルという結果でも、そこに至るプロセスが納得のいく物であれば、ジェーニャは心おきなく引退したかもしれない。でも判定基準に遺恨が残り、彼はファイティングポーズをとったまま。これから本当にどうなるんでしょうか…
私も、ブログを通じて知り合ったファンの方々はいるのですが、日常的に身近に盛り上がれる人が未だおらず。ここのコメントだけが頼りです。これからも宜しくお願いします!

お久しぶりでっす。
やっと少し気持ちが落ち着いてきました。私もまだ試合の動画は繰り返し観る気力がないですが、エキシビションは何度も観てます。さすがでしたねっ。ねっとりしてましたねっ。スタンディングオベーションも嬉しかった。
正直、こんな気持ちでオリンピックが終わるとは想像もしてなかったので、まだもやもやしてます。
腹の立つ記事も多いなか、愛のあるファンブログはオアシスです。これからも更新楽しみにしてます!

初めまして。
プルシェンコ選手関連の記事などを色々見てたらこちらにたどり着きました。
私はプルシェンコvsヤグディンの時代が一番好きで、ここ最近のフィギュアはほとんど知らないんですが…
今回の彼の演技を観て、フィギュア熱が復活してしまいました。
結果のモヤモヤに加えて、何で日本には彼の映像作品がほとんど無いんだ!と嘆いています(T_T)
良いものは良い!
ってことで、その辺も見直されていくと嬉しいんですが。笑

初めてでいきなり長々とすみません(>_<)
また遊びに来ます☆

>>母ぴさま
こんばんは。こちらこそお久しぶりです!
母ぴさんのとこ覗きには行っていたのに、そしてしっかりと和んでいたのに、コソコソと(笑)失礼いたしました。でも言い訳みたいだけど、何にも残せなかったのです。我ながら、私は笑ってしまうほど弱かったですよ~。
OP開催国(同盟)が思いきり警戒してくるのは予想できたけど、自国でこんな尾びれ背びれが付いてくるまでは想像できなかった。民放のニュースをほぼ遮断している私にも、ネガティブな情報がいろいろ入ってくるんだから、本当にすごいよね。
でもこのEXは、そんなもやもやを思いっきり吹き飛ばしてくれました。本人にとっては切ないプロなのかもしれないけど(笑)ああ、ジェーニャはやっぱり天才だ!
母ぴさんいろいろ大変そうですが、楽しい動画いつも堪能してます、応援してます! ここは相変わらずのーんびりしてます、また来てください~。

>>うさぎ様
こちらこそ始めまして、ようこそおいでくださいました! またしても大先輩GET(笑)。
ヤグプルのすごい時代を知っている方の熱が、ジェーニャの頑張りでまたぶり返してしまうなんて、なんて素敵なことなんでしょう。やっぱりオリンピック出場、しかも台乗りしちゃうこと自体、本当に奇跡なんだろうなあ…。
ジェーニャの映像作品はもちろんのこと、テキスト作品もないですよね。正真正銘のアイドルなのに。自分で作るしかないでしょうか(笑)
とにかく今後とも、どうぞよろしくお願いします!

ジェーニャさんのこの演技、TVで見ました。ステキでしたね!

ところで、この曲。
実は、Serge Lama の歌なんです。
アルノが「これ、歌ってるのもジョニー・ハリデーじゃなくて、セルジュ・ラマだと思うけど!」とのこと。
You Tube検索では、ジョニー・ハリデーが歌ってるこの歌は見つけられなかったので、その真偽を確かめられないんですけど。

オリンピックだし、間違えないと思うんですけど(汗)

>>bibo様
そうだそうだ、biboちゃん達フランス組のことを忘れていた(笑)。シャンソンですもんね、このプログラム。「Je suis malade」は初めて聴きましたが、イイ曲ですね~そして何人もの人が「ジョニー・ハリデーは間違いで、セルジュ・ラマが正しい」と指摘しています。だからアルノが正しい! こちらは歌手の清水美帆さんのブログです。
http://ameblo.jp/chanson-mihos/page-4.html#main
もしかするとプルシェンコ側の間違いかもしれませんが、今回のバンクーバー五輪では運営のアラが随所に目に付いたので、そのぐらいの齟齬は可愛いものかも(笑)。このEXも順位に関係なく進行されたことに非常に違和感がありました。結果的に日本人選手を全員前半に詰め込んで、カナダの放送ではカットしてしまったり、金メダリストすらもアンコールがなかったり。とどめはスケーターでなく自国の歌手を前面に出す手前味噌演出。あまりに締まりのないフィナーレに、コチラのファンは大ブーイングでした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540565/47710676

この記事へのトラックバック一覧です: ジェーニャ…くどいよ(笑)。:

« 感動するなら金をくれ。 | トップページ | タラソワは、漢です。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31