日記・コラム・つぶやき

疑問に思う人は覗いてみて。

もういろいろな所で広報されているから、ご存じの人も多いと思うけど。
ISU等に対し、今の採点ルール改正を求める署名活動を行う、スケートファン有志がいらっしゃる。そのサイトはこちら。
Figure Skating Fans' Club 

主な要求としては

①ジャッジの匿名制廃止と公平性向上、中間点反対(個別ジャッジの採点を表示、ランダムカット廃止)
②男子シングルに関わるルールの見直し (GOEを対基礎点%で計算、基礎点の改正など)

なぜ今の採点システムがフィギュアスケートを衰退させるのか。さまざまな問題提起がされているので、興味のある人は覗いてみてください。署名する、しないは別として。

これが何かを変える力になるかは分からないけど、何かしなくちゃならないと立ち上がる人達には共感せざるをえないんだよね。

ジェーニャな日々はまだ続く。

この日記を初めて以来、2週間も更新せず放置したのは初めてだ。ごめんよ。なぜこんなに後ろめたい気分なのかといえば。
だって、その間にいくつかのショーに出て、ロシアの人達が手作り金メダル授与に動くニュースが流れて、軍と国から勲章をもらって、ロシアスケート界の現状に物申して。
オリンピックが終わったばかりだというのに、ジェーニャは本当に忙しい。極東でこんな貧相なファンがうじうじしている間も、彼は前しか見ていないのだ。
そして、ワールド欠場。最初にそのニュースを知った時は、結構ショックだった。

手負いの体で無理に出場する意義があるとは思えないワールドに、ジェーニャがずっとこだわっていたのは、正直「最後の試合になると悟っているからじゃないのか」と思っていた。自分で勝手に感傷的になっていた。
でも、プルシェンコチームはちっともそう考えていないようだから、全く恐れ入るわ。

とにかく、今シーズンはお疲れ様でした。ジェーニャはあるがままに進めばいい。
一部には(本当に理解できないが)どうしてもあなたを負け犬と決めつけたい人達がいて、少し前までそのことにイライラしていたけど、今はもう平気だ。何とも思わなくなった。

この春までの1年間限定と思って始めたこの日記だけど、何だかまだまだ続きがありそうだな。ハラハラすることだらけだけど、私はものすごく嬉しいよ、ジェーニャ。

感動するなら金をくれ。

愚痴ついでに、今日も毒を吐く(笑)。

今の日本には「感動をありがとう」とかいう、とんでもなく手垢のついた言い回しがあるようだけど、私はそれが大っ嫌いだ。もうなんか、聞く度にぞっとするほど嫌いだ。で、何でこんなに嫌いなのか、その理由を前々から考えていた。

ひとつは、「感動」っていう代物は、そもそも人から与えられるモノなのか?っていう疑問だ。だって、その対象は大抵、アナタを感動させようと思って行動を起こしているワケじゃないよ。そんなセリフ、言われた方が困るよ、普通。逆に、最初から人を感動させようと思って自己表現している人間がいたとしたら、私は引いてしまうわ。
感動なんて人から与えられるモノじゃなく、自分自身の心の奥から湧きだしてくる、もっと能動的なもんじゃないのか。あんたはいつでも「何でもいい、誰でもいいから私を感動させてくれ」と思って生きているのか。感動したいから、何かを見たり聞いたりするのか。感動クレクレ人間か。

そしてもうひとつ。今日、NHKのオリンピックダイジェストを観ていて気付いた。
「感動をありがとう」なんて戯言を言う人に限って、「感動」がタダだと思っているんだ。それが苛立たしい。
あのね、本当の感動には、対価とか自己犠牲が必要なの。そのスポーツなり、演劇なり、コンサートなりに足を運んで、お金を落として。もちろんお金を落とせなくってもいい。その対象を見守って、愛し続けて、応援して。ゲームとかじゃなくて、生身の人間が登場する現実なのだから、望む結果にならないことのほうが多いだろう。場合によっては、喜びよりも辛い事の方が多いし、とんでもなく忍耐が必要なこともあるだろう。

「4年後にまた頑張ってください」ってさ…(笑)。あなたがオリンピックを忘れている4年間、選手は冬眠しているわけじゃないんだよ。地域選手権だって、国内選手権だって、ワールドカップだってあるのよ。時に勝利し、スランプに陥り、故障して、リハビリして、スポンサー集めに奔走して。そんなに感動したいならさ、お気に入り選手や、競技の発展のために、少なくてもイイからさ、寄付ぐらいしたらどうかなあ。

…ああヤダヤダ。感動って言う言葉が軽すぎるんだよ、たぶん。

亀レス、やっと追いついた。

帰国から一週間も経って、やっといただいたコメントへのお返事をすることができました。遅くなってすみません~。改めて、たくさんの暖かいお言葉ありがとうございました!
明日はEXだね。真央をエスコートするジェーニャの、漁師プログラム。文字にするとワケが分からないけど(笑)楽しみだ。ジェーニャの元気な姿が観られたら、この気持ちももっと晴れるだろう。
バンクーバーの観戦記も、ぼちぼち書いていかないとね。

では、行ってきます。

成田空港へ向かってます。あまりにもバタバタで、メールやコメントにお返事できなかった方々、申訳ありません!ジェーニャをシッカリ応援してきます。

プル仲間、また会えて嬉しかった。

今晩書き留めておかないと、たぶんエントリー自体が流れてしまうので、大急ぎで。

本日「プルシェンコ勝手に壮行会」を都内某所で開催。私を含めて13人のプルシェンコファンが、カラオケルームで持参動画を観つつ、プル愛について(笑)語り合いました。最終的に延長を入れて3時間の寄り合いだったけど、まあ……何と短かったことか。

なぜだか揃ってアナログなメンツが、飲食物のオーダーの仕方をマスターするまで30分もかかったり(笑)とか、DVDの扱い方に苦労したりとか、いろいろ障害はあったものの、本当にあっという間の3時間でした。寒く天候不順な中でご参加くださった皆様。貴重な秘蔵映像や、お宝出版物を持ち寄って下さった皆様。本当にありがとうございました! ノラさんの十年一緒も、ゆべしさんのジェーニャ&美姫ちゃんも(笑)…いいモノ観た。そしてTさん親子も、いろいろありましたがお会いできてよかったです。中学生のお嬢さんと、小学生の息子さんと一緒に「Sex Bomb」を観て笑えるなんて、とても素敵ですね!

ここ1年あまりの間にジェーニャにどっぷり浸かってしまった、私自身もつまり、完全にサイバー空間から生まれたプルシェンコファンだ。インターネットでこんなに気軽に過去の演技が観られるなんて、ヤグプル全盛の頃には考えられなかったことだし。でもだからこそ、いわゆるリアルな会話にすごく飢えていて、気軽に繋がれる部分もあるのかなあ……。まあどれもこれもプルシェンコという人が、私たちファンの願望すら超えて、めちゃくちゃ頑張ってくれているお陰にからに他ならないんだが。 

そんなわけで、今日はとても幸せでした。どうもありがとうございました!

盛り上がって参りました。

【急告】プルシェンコ勝手に壮行会・参加者募集。

いよいよあと一週間で開幕なんだなあ。少し前に、ネットで話題になっていた、フランスのバンクーバー五輪のプロモCF。ツボだったので貼っておこ。

 

面白いけど、日本人的にはちょっと怖いよ(笑)。 しかし、ジュベもがんばってるなあ…とコレを観て、リラックスしてみたり(笑)

【急告】プルシェンコ勝手に壮行会・参加者募集

またしても急で申し訳ありません。

前回の「ロシアスケート同好会(笑)」の時に声が上がっていた、プルシェンコファンによる、バンクーバーオリンピックへ向けての決起集会(飲み会?)を、13日(土曜日)の夕刻に、東京・山手線内のどこか(未定です、すみません)で開催いたします。つきましては、参加者を募集いたします。「プルシェンコ勝手に壮行会」といいつつ、彼は既にバンクーバーへ入ってますが、どうか気にしないで(笑)

お仕事がかなりお忙しい方が多いようで、今から平日に調整して頂くのは難しく。さらに私を含め、観戦ツアー組は15日月曜日に出発のため、気付けば、もうその日しか候補がありませんでした…。いつもいつもコチラの都合で、日程決め打ちで本当に申し訳ありません。とにかく何人になるか分かりませんが、集まれる方だけでも、と思っています。
また、もし先日アイデアが出ていましたように、プルシェンコの動画DVDを持ち寄ることが可能であれば、それを観つつおしゃべりする会にできればと思うのですが…さて実現できるのか。

前回おいでになれず、今回初めて参加希望の人は、お手数ですが私まで直接メールを下さるか、Twitterにてご連絡をください。前回ご参加された方(お顔とお名前が一致している方)は、直接こちらのURLにアクセスして、必要事項を書き込んで申し込んでくださると助かります。

いつにも増して発作的で、あまりに時間がなく申し訳ありませんが、とりあえずの締め切りは、7日(日曜日)いっぱいにさせてください。それまでにご予定がはっきりしない方も、日曜日中にご連絡くだされば助かります!
もちろん、折り鶴企画に参加されなかった方でもOKです~。
相変わらず、フタを開けてみないと何人集まるか分からないドキドキ企画ですが。

では、どうぞご検討を宜しくお願いします!

タリン土産、届きましたよー。

ロステレコム杯でお世話になったAさんから昨日、欧州選手権土産が送られてきた。
ぎゃあああああ もうもう、ありがとうございます!!嬉しすぎるので、ちょっと自慢する。写真最悪だけど(笑)。

Img_0729 Img_0725 Img_0727 Img_0726

エストニアの新聞、片方はロシア語で、片方はエストニア語なのかな?どちらも全然読めないけど(泣)ジェーニャがでかでかと。扱いすごいなあ。大きなイベントなんだなあ。
あとは、オフィシャルのナイロン袋と、オフィシャルミニフラッグと、スナップ写真に、手作りジェーニャストラップまで!!! 
この場を借りてもう一度。Aさん本当にありがとうございます!嬉しすぎ! 

…私は果たして、バンクーバーからいいものを持ち帰ることができるかなあ。甚だ心許ないんですが。

鶴2,400羽、サンクトへ旅立ちました。

お待たせして申し訳ありません。のべ40人近くの方々に折って頂き、先日10人の仲間で繋ぎ合わせた折り鶴が、やっと本日(もう昨日になりました)の夕方、EMS(国際スピード郵便)にて、サンクトペテルブルグへと旅立ちました。

Puruturu_3 お送りいただいた鶴を全部乗せたいと思い、追加で繋ぐ作業をしていました。ロシア選手団のバンクーバー入りの日程を考慮するとギリギリの線になってしまいましたが、とにかく今日までにまとめられた2,400羽を、「オリンピックでの成功を祈って」ということで、ユビレイニに発送しました。(写真) お恥ずかしながら、ロシアどころか英語圏にすら自力で小包みを送った経験がなく、宛名を書くにもめちゃくちゃ緊張しました。それにしても、アレで本当に届くのかなあ……。大変心許ないですが、ベストは尽くしました(笑)。

結果的に昨年12月から引っ張ってしまったこの企画。あんなに短い期間で鶴をたくさん折ってくださった皆様、そして連結作業に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました! そして今回の発送にあたり、ロシア語どころか英語も超不自由な私のために、プルシェンコへのメッセージを素敵な英語に訳してくださったミハエル・シロさん。同じFC東京というサッカークラブを応援する仲間として、力を貸してくださいました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

ああ~これで少し肩の荷が下りた!! あとは、宛先不備で日本に戻ってこないかどうか、と戦々恐々するだけだ。……ってことは、あと少なくとも5日間はドキドキしなくちゃいけないのかあ(泣)。うーむ。神様くれぐれも、よろしくお願いしますうう。

追記・うお。忘れちゃイケナイ。Ленаさん、ありがとうございました、お疲れ様でした! もともとあなたが引っ張ってくれて、サンクトまで鶴を持って行ってくれたお陰で、実現できたことですから。次はぜひご一緒に、「ロシアスケート同好会」(笑)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31