書籍・雑誌

スケート本で落ち着いてみた。

あああ、もうバンクーバーツアーの開幕の日にナッチャッタよ。本当に行くんだなあ。結局ロステレコムの時と同じで、バタバタ出かけて、帰ってくるんだろう。何て行き当たりばったりな人生(笑)。といいつつ、密かに浮き足立ってるので、最近読んだスケート本なぞ書き出して、少し落ち着いてみたよ。

氷上の光と影~知られざるフィギュアスケート 田村明子著(新潮社)

Photo_14

ファンならほとんどの人が読んでいる、言わずと知れたフィギュアスケートライティングの重鎮、田村さんのノンフィクション。ジャーナリスティックな視点で書かれた、数少ない日本語スケート本のひとつ。OPを前にして、今まさに欧州陣営と北米陣営が情報戦(舌戦?)を繰り広げている真っ最中だけど、繰り返し取り沙汰されるソルトレイクシティでの出来事が描かれている。例のサーレがどんな風に関わっていた選手かも、これを読めば分かる。今のフィギュアの採点システムがなぜ採用されたかも含めて、あの出来事を極力冷静な筆で切り取ってくれている。当時の事情をほとんど知らなかった私にとっては、とてもありがたかった一冊だ。

氷上の美しき戦士たち 田村明子著(親書館)

Photo_15

バンクーバーを前に、男子シングルを中心としたスケーターたちのルポルタージュ。目新しい話題も多少はあるけど、ほとんどは田村さんが過去に取材したエピソードをまとめる形で構成されている。ジェーニャさんの写真が表紙にあるが、彼については後から急遽挿入した感じ。まあ、発行時期を考えると、去年までまるまる休養していた人を入れ込むのは大変だから仕方がないよね。関係ないけど、なぜ田村さんがフィギュアを取材するようになったかを明かした冒頭のエピソードは、同業者(畑違いだけど)として、とても興味深かった。

フィギュアスケートの魔力 梅田香子、今川知子著(文藝春秋)

Photo_16

女性スポーツライターの先駆け・梅田さんと、元プロスケーター今川さんによる、とっても読み応えのあるルポ。内外の有名スケーターから(ジェーニャのこともちらっと…)スケートと教育、スケートママ・パパの実態(梅田さん自身がスケートママだったなんて知らなかった)まで、幅広くしかも内容が濃い。NHKドラマ「てるてる家族」の収録のエピソードも面白かった。巻末には、用語解説や写真入りのジャンプの解説もついて、編集者がこの本にかける熱意と愛情がひしひしと感じられる。私の大好きな一冊。

フィギュアスケートに懸ける人々 宇都宮直子著(小学館)

Photo_17

浅田真央を中心に執筆活動を行っている宇都宮さんが、日本におけるフィギュアの黎明期から現代にかけての普及・強化を綴った一冊。活字が大きく、各章さらりとしすぎの感があるが(本当はもっと読みたいんだけど)、日本を世界有数のフィギュア強国に育てた、数多くの関係者の熱がじんわりと伝わってきて、読後静かに感動。小塚崇彦選手と彼をバックアップするトヨタのこと、そして小塚家三代の物語も描かれ、こづファンは必読の書。

浅田真央 奇跡の軌跡(新書館)

Photo_18

突然ですが真央ちゃん写真集。可愛らしい表紙が今、書店にたくさん並んでるね。時々、真央ちゃんは現実とは思えないくらい美しいと感じることがある(普段は男前だけど笑)、大袈裟じゃなく。純度の高いひたむきさが、人間の形になって目の前に現れているからじゃないかなとも思う。この写真集には、透明感があって、ふんわりとして、滑る喜びに満ちた姿があふれんばかりで、特に「天才少女」時代の真央ちゃんは眺めるだけで幸せな気分になる。でも、私が一番好きなのは、冒頭の「鐘」の写真だ。痛いほど張り詰めた空気を纏う、怒りのこもった姿に目を奪われる(正直もっと怒れよ!とも思うけど)。彼女、本当に大人になったんだなあ。

真央ちゃんに寄せるタラソワ、伊藤みどり、そしてロロのメッセージがとても暖かくて素敵。この写真集の大きな売りは、真央ちゃんに直接渡してくれる応援カードが付いていることなんだけど、オリンピック前にはもう間に合わない。3月1日まで受け付けてくれるというので、お疲れ様メッセージでも送ってみようかな。

ところで、バンクーバー後に発行されると言われているジェーニャの自伝ってどうなるんだろ。せめて英訳が出てくれないモノだろうか。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31