芸能・アイドル

さよなら、マイコー。

学生サークル時代、新入部員の男の子の持ちネタが、「スリラー」だった。

彼の名前が、今どうしても思い出せないんだけど(ごめんよ)、「てとってとってとっ」っていう、何だか無性にかわいらしいピボッドターンと、それを見た先輩達が大笑いしていた顔だけは覚えてる。あの頃似たような光景が、大なり小なり、日本のあちこちで展開されていたんじゃないだろうか。

Cup of Russia 2001 SP  マイケル・ジャクソンメドレー

これって、曲のつなぎがめちゃくちゃだの(実際そう)、衣装の趣味が悪いの(最初は股間にあった編み上げを撤去させられた)、腰振りが下品だの。とどめに、ソルトレイクシティの悪夢があったために、ファンの間ではちょっとないがしろにされている(ように見える)プログラムだ。練習の時、マイケルの振りがどうしてもうまくできなくて、癇癪を起こしたジェーニャは、グラスだかコップだかを壁に投げつけたんだっけ。がんばったのにね。
ジェーニャは良くも悪くもバレエの国の人だ、と思う。こういうポップス系の崩すとカッコイイダンス(何て言うのかなあ…素人だから表現が見つからずに歯がゆい)は、あんまり似合わない、てか苦労しているように見える。でもステップは、やっぱり圧巻だね。毎日マイケルのビデオを観て研究したのだろうか。
それにしてもジェーニャ、「何で今、マイコー?」っていう疑問は湧かなかったんだろうか。ミーシン先生のプランだったから、それは無理なのか。

ここに本家の「Billy Jean」も貼ろうかと一瞬思ったけど、マイケルに敬意を表するために思いとどまった。ジェーニャにも気の毒だしなあ(笑)。

それにしても、絵に描いたように突然あっちへ逝ってしまう天才って本当に多いね。
私は格別ファンではなかったものの、確実に影響を受けた、同時代人のひとりです。
マイケル、あなたは紛れもなくあの時代のアイコンでしたね。
どうぞ安らかに。


最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31